目的に応じた会計ソフトを選ぶことで効率アップ!?

業務の効率化を図るために

会計業務が煩雑になると会計ソフトの導入を検討するタイミングかもしれません。表計算ソフトで管理していても、仕訳から元帳への転記、試算表の作成、経営分析するためのデータの抽出などは大変な作業量になります。会計ソフトは仕訳の数値を入力するだけで、自動的に元帳などを作成するため、簿記の知識がなくても利用できるのがメリットです。しかし、会計ソフトは業務の効率化に必要ですが、目的と違ったものを導入してしまうと業務の効率化は失敗してしまいます。なぜ会計ソフトを導入するのかという目的を明確にしておくことが重要になります。
最近の会計ソフトは、製品ごとの機能はあまり差がなくなっています。しかし製品ごとに強みがあり、自社の会計業務に最適なソフトを選ぶことが大切です。

会計ソフトの「導入」が目的になっていませんか?

会計ソフトを導入する時に、良い会計ソフトを「導入」することが目的になっていると、低価格のものや業務に不要な機能が多いものを選んでしまいがちです。導入する目的は現在の課題を解決するためであり、導入後のことを考慮する必要があります。多機能のものが良い会計ソフトというのではなく、自社にとって必要な機能があるものが最適なソフトということになります。
帳簿を作成するための時間や手間を減らすことが目的なのか、業績や経営状況をリアルタイムで把握することが目的なのか、データを元に「資金繰り表」などの作成や経営分析をしたいのかなど、現状の課題を整理しておきましょう。
目的が明確になれば、自ずと必要な機能を持つ会計ソフトを選ぶことができます。